軽く運動する事で、新陳代謝を良くし、体をほぐす

軽く運動する事で、新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。こうした運動は体と心のバランスを整え、健康に繋がるので、ぜひ妊活中の方にチャレンジしていただきたい妊活です。妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。

葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。

 

そのため、妊娠初期に葉酸が欠乏してしまうと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる危険性があります。
細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。この期間は葉酸の十分な摂取が必須です。

では、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は必要ないのでしょうか。

実際にはそんなことはありません。

 

赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠初期が重要な期間だという事です。ですから、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。

 

葉酸についてですが、今では産婦人科においても、摂取が推奨されている事をご存知ですか?実際にサンプルの葉酸サプリを配布している産婦人科もあるようです。とはいえ、妊娠期間中に葉酸を十分に摂れなかったのではないかと、心配している方もいらっしゃいますよね。もし、こうした方法で摂取をしていなかったとしても、問題はありません。

葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でも肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。ミルクアップブレンド

なので、普段通りの食事をきちんと摂っていれば、ある程度は摂取できるのです。

妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。

このエントリは 健康. に投稿されました。 ブックマークする.